オマケアイテムも多数!! 化石の入手から合体復元までの流れを解説!【ポケモン剣盾/ソードシールド】

動画

【ゲーム名】
『ポケットモンスター ソード・シールド』(英語: Pokémon Sword and Shield)
【カテゴリー】
攻略動画・実況動画
【ジャンル】
Nintendo Switch用ロールプレイングゲーム
【ゲームジャンル】
ポケットモンスターシリーズ
【対応機種】
Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)/Nintendo Switch Lite(ライト単体でもプレイ可能)
【メディア】
Switch専用ゲームカード/ダウンロード
【開発元】
ゲームフリーク
【発売元】
株式会社ポケモン
【販売元】
任天堂

オマケアイテムも多数!! 化石の入手から合体復元までの流れを解説!【ポケモン剣盾/ソードシールド】について詳細解説

パッチルドン→トリとクビナガ
パッチラドン→トリとリュウ
ウオチルドン→サカナとクビナガ
ウオノラドン→サカナとリュウ

追記
ラテラルタウンのポケモンセンターにいる男性に話しかけると、初回のみカセキを受け取れます。
ソード:カセキのトリ
シールド:カセキのリュウ

こちらではソードシールドに関する攻略やイベント系の動画を出しています。

Comments picked up by Z猫

いやサカナ系の化石
が酷いw
頭逆と尻尾頭は可哀想だわ
新作で上下が合うって展開じゃなきゃダメだな
個人的にさ。
○○(羽、カブト)
のカセキじゃなくて
カセキの○○(今回の)
がポイントな気がする
いやぁ、今作の化石はネットで物議を醸してたのは知ってたけど、これは確かに…って感じ。
見た目も酷いし。
タイプ・ヌル作った人に復元して貰ったらカッコよくなったかな?
システムは別にゲームだし嫌いじゃないけど単純にデザインが受け付けないなぁ…
電気のやつはかわいいけど上半身しか出んもんね…
実際の化石発掘でも完全な形がわからないものを「これはこっちじゃないかな?」って繋げて学会で発表
のちの研究で「これ違うじゃん…」てなる場合があるのでポケモンに限った話じゃない
特にそのあたりイギリスがよくやるので取り入れた可能性はあるね
首長竜は首の長さで呼び名が決まったのではないので、、、
首が長いことで有名なプレシオサウルスも首が短いプリオサウルスも同じ首長竜という俗称です
しかし、プレシオサウルスが発見されなければ首長竜という名前がついたとは思えませんので、ポケモン世界で考えると化石のくびながが発見された時に形状からラプラスに似たポケモンのものと推測され、当時の名前が定着していると考えるのが無難かと。
見慣れてくると可愛いかも
特にパッチルドン
ウオノラゴンも可愛くない?
キャンプだとこっち振り向いてニコッと笑ってくれるウオノラゴンくん
今作の化石ポケモン、組み合わせる事が出来るからかキメラを連想しました。
図鑑説明文も含め、好きな人と苦手な人が分かれるような(^_^;)
「半分しか見つからない」のに「どう組み合わせても復元できる」ってすごい。
ただ、個人的に考えたのは岩タイプ付いてないし機材も小さい、名前が「迂闊」ととれるキャラ1人での作業ということで「まっとうな化石復元」ではないのではないかということ。
アニメや今後のアップデートで他の地方からダイゴさんやアロエさん、ヒョウタくんみたいな専門家呼ぶ話になれば4つの化石の正解がわかるんじゃないかな……
合体させることで奇抜な姿になりますが、じゃあ本来の姿はあるのかなって気になるところです
化石のリュウがゲットできないよー
もしかして、今回は組み合わせることで判明する化石ポケモンなのかな?そうじゃないと化石のドッキングの理由にならないよね?
自分はスタミナ自慢のほうが良かったです。17回連続で掘れたので。
スキル自慢のほうでは7回連続が最高でした。
スキル自慢で10回行きましたよ
剣盾でかえんだまどこにあるか気になる、かえんだまがないとミロカロスのふしぎなウロコ発動できないだけど😅
化石とは関係ないんですけど、キョダイマックスするポケモンの色違いっているんですかね?
ミュウツーやゲノセクトたちの想いはまったく届かなかったね
ポケモンはいつからキメラ実験をするようになったんだ?
化石ポケモンは
「この子を守ってやれるのは俺しかいないんだ」
みたいな気持ちになって母性本能がくすぐられる
キョダイマックス持ちポケモンが産んだタマゴから産まれたポケモンはキョダイマックスもってるんですかね?検証お願いします🤲
結構出現率偏ってたので、バージョンごとに出やすい化石、出にくい化石がある気がします。(検証してないのでなんとも言えませんが…)
私は別バージョン持ってる友達と交換しちゃいました
好き嫌いがあるんだろうけど、私はこのシステムを肯定するぞぃ。そもそも動物の化石はパーツで見つかることが多く、どんな形の動物(ポケモン)なのか考察することから始まる。で、博物館に展示される化石のレプリカを作る。そこまでの行程で結構な時間とお金がかかるんだよ?今までひとつの化石で復元できてたけど、そっちの方がむしろあり得ないわけであって。今回のガラル化石ポケモンは、4種類いて組み合わせることで判明するポケモンだったって捉えられないかなぁ?
error: